提案事例集Product Case

製品に黒色指定をする際の手段選定のポイント 塗装 メッキ

Before



 
製品に黒色を指定する場合、黒クロムメッキを選択することが一般的です。黒クロムメッキは、最も認知された、黒色をつける手段になっていますが、黒クロムメッキの特性としてメッキの付き回り性が悪く、内側や大きな平面の中央には、黒クロムメッキが付きにくいことがあります。



After


左:カチオン電着塗装黒
右:黒ニッケルメッキ
どちらも内側まできれいに付いている事が分かります


 
どうしても黒クロムメッキにしなければいけない理由がある場合を除き、カチオン電着塗装の黒や、吹付け塗装の黒艶消しなどに変更すると、隅々まで均一に黒くすることができます。また、黒ニッケルメッキは真っ黒ではなく濃いグレー色ですが、付き回り性が良いために防眩性を求める光学部品などに黒クロムメッキの代替として使われています。


黒クロムメッキは非常に耐食性にすぐれ、光選択吸収性があります。しかし、付き回り性が悪いのが欠点です。ただ単に製品を黒くするだけが目的なら、黒クロムメッキからカチオン電着塗装や吹付け塗装の黒色、または黒ニッケルメッキに変更することで、形状に左右されることなく、黒色の付きまわりがよくなります。


めっきと塗装のコストダウン、VA/VEを設計・開発段階からご提案する株式会社ワカヤマ

〒916-0081
福井県鯖江市石田下町43-6-1

0778-51-9555
受付時間:平日8:00~17:00

0778-51-5620

ページトップへ