提案事例集Product Case

表面処理の治具まで考慮したコストダウンのポイント 塗装

Before



同じ製品で大、中、小などのサイズ違いがある場合、それぞれに専用ラックを作らなければいけないため、治具費のコストが製品単価に跳ね返ってきます。ロット数がそれほど多くない製品は表面処理費より治具費の方が高くなることもめずらしくありません。



After



製品の大きさだけが変化するような製品の場合はちょっとした工夫で治具を共通化することができます。またあらかじめ表面処理業者に相談しその工場にある汎用治具を使用できるように設計できれば治具の費用がかかりません。


メッキ処理や塗装加工にとって治具は「プレスの型」の様な存在になり無ければならないものです。治具の形状や使い方は品質や加工費に大きな影響を与えるので非常に重要な道具ですが、その製品に専用の治具を作るには時間と費用がかかります。治具費を抑えるように設計することはコストダウンするにあたり非常に重要な課題となります。


めっきと塗装のコストダウン、VA/VEを設計・開発段階からご提案する株式会社ワカヤマ

〒916-0081
福井県鯖江市石田下町43-6-1

0778-51-9555
受付時間:平日8:00~17:00

0778-51-5620

ページトップへ