提案事例集Product Case

塗装方法選定によるコストダウンのポイント 塗装

Before


〔アニオン電着塗装のタンク〕
電着塗装はタンクに液を入れて処理するので、1 色に1 タンク必要です
ろ過機や温度調節は24 時間止められません


製品の塗装方法を電着塗装に指定すると、設備費、管理費などがかかるため小ロットの場合は非常にコストアップになります。電着塗装は新しい技術なので、昔からある吹付け塗装より高品質というイメージがあるようですが、それは一概には言えません。条件により吹付け塗装の方がはるかに丈夫な場合もありますし、それぞれ一長一短があります。



After


〔吹付け塗装のスプレーガン〕
円柱のタンクの中に塗料を入れて製品に吹付けるので塗料が少量でも塗装が出来ます
吹付け塗装は多品種小ロットから大量生産、メタリック、ラメ、シボなど様々なカラーが可能です


カラーバリエーションが豊富な製品を加工する際には、吹付け塗装が最適になります。吹付け塗装の特徴として、多品種小ロット~大ロット・多色生産に向いている点があります。そこで、多品種小ロット・多色生産が必要な製品においては、吹付け塗装にし易い形状を設計段階から検討します。


電着塗装は大量生産には低コストで高品質な塗装が可能ですが、小ロットでも1色1タンク必要になり、ろ過機、温調、ヒータ、冷却など設備費が高額になります。それに比べ吹付け塗装は100ccからでも調合ができるため、多色小ロットにも、大量生産にも向いています。また吹付け塗装は素材や用途に合わせて下塗り~中塗り~上塗りなどの塗装設計ができるので、非常に丈夫にすることもできます。


めっきと塗装のコストダウン、VA/VEを設計・開発段階からご提案する株式会社ワカヤマ

〒916-0081
福井県鯖江市石田下町43-6-1

0778-51-9555
受付時間:平日8:00~17:00

0778-51-5620

ページトップへ